スポンサーサイト

  • 2009.10.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


パジェロのエンジンオイルと冷却水を交換しました。

JUGEMテーマ:車/バイク
 ガソリンが高騰してからほとんど出番のないパジェロ。あ、そうそう、あそうさんがETC付きの乗用車は土日祝日の高速道路代金を1000円!のキャンペーンを行ってますね。みなさんは利用していますか?我が家のパジェロはお犬様専用車両ってことで1ナンバー!ほとんど恩恵が有りません。
 
 久しぶりに家族で一泊旅行に行くので、まずは簡単なチェック。バッテリーはOKだろう。タイヤ空気圧3キロでOK、エンジンオイル、う〜んチョッと汚れているし量も少ないので交換、それと冷却水も錆び色が見られるので3年ぶりに交換!

オイル、水交換

 整備を行うと心なしかエンジンの回転が滑らかで力強くなります。その微妙な感覚の差を味わうと、もう、クセになります。「クルマ整備っていいな〜」


パジェロのサイドブレーキを調整

JUGEMテーマ:車/バイク

 「ギッギッギッ」
  サイドブレーキを引く音。レバーが随分と上だな〜。
 「ゴロゴロ」
  ゴロゴロとタイヤのパターン音を響かせながら坂を下るパジェロ
 こりゃ ヤバい! 早速、サイドブレーキの調整だ。
 パジェロはフットブレーキは四輪ともディスクブレーキですが、サイドブレーキはドラム式です。ドラムはサイドブレーキのみの使用なので、シューが減るということはまず有りませんが、渋滞中に下りの坂道でサイドブレーキだけで速度調整したり、ダートでサイドブレーキを引いて後輪を流したりしていると定期的な点検調整が必要なようです。
 後タイヤを外すとローターとドラムが一体となったブレーキが見えます。ディスクのキャリパーを外しローターを引き抜くとドラムブレーキの内部が見えます。
 パジェロドラム
 ローターとドラムが一体となったブレーキを引き抜くのには、空いているネジ穴にボルトを回し入れて外します。
 ドラム
続きを読む >>

加速時にギャ〜〜

 おとジム子から「アクセルを踏むとギャ〜っていうよ。なおして〜」とのこと。点検するとベルトが若干緩んでいる。2年前に交換したベルトの初期伸びによって緩んだようだ。走行距離が稼げないので、今ごろになって出てきた。
 パジェロの3500には、オルタネーター、パワステポンプ、エアコンコンプレッサーの3本が掛かっている。3本のベルトを押すと確かに遊びが大きい。どのベルトも調整用のプーリーがあるので、プーリー中心の固定ネジを緩め調整ネジを締め込んで完了である。
 acg
 まずは、オルタネーターから。アンダーガードを外すと、プーリーが見える。このプーリーの固定ネジを緩め、調整ネジを締め込むとベルトにテンションを与えることができる。マニュアルでは10キロの力をかけた時に何ミリ動く等と書かれているが、勘でこのくらいだろう!でOK。ついでに、オイル交換とオイルフィルターの交換も行った。
続きを読む >>

パワステフィルター清掃

JUGEMテーマ:車/バイク

 週末にダートの大会があるのですが、パジェロで出場しようと企んでいます。そこで簡単な点検整備です。
 まずはエンジンからですが、今のところ調子が良いです。エンジン始動直後には排気管から水蒸気がもあ〜と上がり、水がトロトロと出てきます。
 ボッシュのプラグに交換して1万キロは走りましたが、衰えてはいないようです。
交換プラグ
 
 エンジンオイルも交換してやりました。アメリカから進出してきた倉庫型店舗で販売されている安い鉱物オイルです。ジムニーにも使っていますので信頼性はあります。
スットコのオイル
 
 さて、パワステフィルターの清掃です。
 パワステフィルター1

 パワステのオイルタンクはエンジンルームの右側にあります。黄色い囲みがそうです。
続きを読む >>

泥よけ

JUGEMテーマ:車/バイク


 久しぶりの更新です。
 この頃パジェロの稼動率が低下しています。そうです、ガソリン価格高騰の影響です。燃費を比較すると、セカンドカーのジムニーの稼働率が上がります。
 そんなパジェロですが、ダートレースでは大排気量を生かして豪快に走ることが出来ますが、前輪で跳ね上げた小石が容赦なく下回りを痛めつけます。この小石によって、後輪ショックアブソーバーの下側の取付け部分に無数の傷が付いています。
 下周り保護の意味で、前輪に泥よけを取付けました。泥よけは、既に多数のメーカーから販売されていますので、購入して付ければよいのですが、やっぱり自作しました。
取付け
続きを読む >>

クラッチマスターシリンダーのピストン交換

 過去の点検記録簿を確認すると、クラッチのマスター、レリーズの各シリンダーのピストンが交換されていない様子。ピストンがダメになるとパジェロ独特のクラッチ機構により「クラッチ行ったきり病」を発生させるので予防のために交換しました。

 ここがクラッチ
 右斜め上ここが、クラッチマスタシリンダーの位置。クラッチフルードを抜いてから作業開始!
続きを読む >>

いわさ黄さんからディスクローターいただきました

 パジェロのリヤディスクローターの一部に傷が付いています。これが原因でパッドとローターの当たりが悪く、走行中に「シャカシャカ」と音が発生していました。
 そんなおり、いわさ黄さんからリヤディスクローターを譲っていただきましたので、さっそく交換しました。

不良ディスク
中央と外周に傷がつき、パッドと接していない部分にサビが発生しています
続きを読む >>

室内灯

 ロールバーを取付けたので、バーが室内灯に被ってしまい光が前席に届かなくなってしまいました。そこで、新たに室内灯を追加装備!
ルームライト3
 英国直輸入品のアンティークな形

ルームライト2
 配線は、既存の室内灯からの分岐。取り付けは、ロールバーにタイラップで縛り付けました。スイッチ部が大きいので、操作もラクラク。

ルームライト
たかだか6Wの電球ですが、前席がスゴく明るくなりました。

幻のサイドアンダーミラー

 フェンダーからはえている毒キノコミラーは、左前輪付近の死角を無くすためのシロモノ。それは、それで効果があるのでしょうけれど、フェンダーミラーを知っている世代の「おとジム」としては、バックの時などツイツイこのミラーを見てしまいます。しかーし、見えるのは左前輪付近のみ。あまり利用価値がありませんね。
 そこで、ワンボックス車の車前を見る丸い凸レンズのミラーに交換しました。イヤー、よく見える。ちょっと凸が大きいので、距離感が掴めませんが、純正よりは遥かにマシ。そこへ突如、おとジム子から横やりが入りました。「なんだこりゃ〜、カッコ悪過ぎる!」とご立腹の様子。あまりの抵抗に元に戻しました。
 サイドアンダーミラー
 幻のサイドアンダーミラー

センターコンソールに油漏れ

 センターコンソールに油漏れを発見!こんなところに、油が漏れる?
すぐに、原因が発覚しました。ダッシュボードに取付けられた傾斜計から油が漏れていました。
 油漏れ
 分解して油の除去作業

 傾斜計をダッシュボードから取り去りました。車両の傾きをメーターで確認しながら運転できませんから、不必要なものですね
油漏れ2
 
 ポッカリ開いた穴。左翼の高度計も必要ないですね。右翼の温度計は、車内外の温度を表示して結構便利。特に車外の温度で路面の凍結を確認できます。
油漏れ3
この穴を利用して何のメーターをいれましょうか?

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM