<< 炭おこし君 | main | パジェロのコロガリ抵抗を0円で低減 >>

スポンサーサイト

  • 2009.10.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


加速時にギャ〜〜

 おとジム子から「アクセルを踏むとギャ〜っていうよ。なおして〜」とのこと。点検するとベルトが若干緩んでいる。2年前に交換したベルトの初期伸びによって緩んだようだ。走行距離が稼げないので、今ごろになって出てきた。
 パジェロの3500には、オルタネーター、パワステポンプ、エアコンコンプレッサーの3本が掛かっている。3本のベルトを押すと確かに遊びが大きい。どのベルトも調整用のプーリーがあるので、プーリー中心の固定ネジを緩め調整ネジを締め込んで完了である。
 acg
 まずは、オルタネーターから。アンダーガードを外すと、プーリーが見える。このプーリーの固定ネジを緩め、調整ネジを締め込むとベルトにテンションを与えることができる。マニュアルでは10キロの力をかけた時に何ミリ動く等と書かれているが、勘でこのくらいだろう!でOK。ついでに、オイル交換とオイルフィルターの交換も行った。
 次にパワステポンプのベルト。これも、作業手順は同じ。
パワステ
 そして、エアコンコンプレッサー。
エアコン
 これは、写真ではラジエーターホースが邪魔をして分かり難いが、実車を見れば納得するはず。
 調整後は、ベルトと補機類の滑りが無くなってエンジンブレーキが良く利くようになった。張り過ぎると各プーリーのベアリングを痛めることになるので、張りはホドホドに。

スポンサーサイト

  • 2009.10.12 Monday
  • -
  • 21:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 鳴き声は気になりますね。断末魔のようにも聞こえます。何万キロか走行して「シュンシュンシュン」と鳴き出したら交換ですね。
  • おとジム
  • 2008/06/30 9:17 PM
ジムもそうですが、ベルトの「鳴き声」は通行人はおろか、前の車両の方も振り返る程の音量で、おもわず周りの視線が気になってしまうのは私だけでしょうか?
  • ドル
  • 2008/06/30 12:51 AM
 写真の「ネジ」の名が「調子」「調整」「調節」などごちゃごちゃにになってしまいました。本人は「調整」のつもりで書いています。
 酔っぱらっていると、ろくなことになりませんね。
  • おとジム
  • 2008/06/29 10:56 PM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM